×

下記フォームへご登録ください。

会社名
電話番号
従業員数
登録することにより、お客様は利用規約個人情報保護方針を読み、同意したものとみなされます。
ありがとうございます!
Error - something went wrong!

BEACON Japan 2021:マネーフォワードが実践する「SSOT」とデータの民主化に向けた取り組み

June 25, 2021

"複数ドメインでサービスを展開するマネーフォワードにおいて、会計数字と現場のKPIを連動させながら管理することは簡単ではありません。その両方を単一のデータ基盤から安心して集計できるようにするという考え方 “Single Source Of Truth(通称SSOT)”を実現するにあたり、起こり得る課題とその解決に向けた取り組みをお話しします。
ホワイトペーパー事例はこちら:https://info.looker.com/looker-japan/jpn-moneyforward-casestudy 

Previous
ケーススタディ:株式会社スペースマーケット
ケーススタディ:株式会社スペースマーケット

レンタルスペース予約サービスの「SPACEMARKET」などを提供している株式会社スペースマーケットでは、Lookerを導入したことで、複雑なロジックや数字の整合性を担保できるようになりました。データガバナンスを確...

Next
ケーススタディ:株式会社マネーフォワード
ケーススタディ:株式会社マネーフォワード

金融系ウェブサービスを提供される株式会社マネーフォワードでは、Lookerを導入しSingle Source of Truthの概念を軸にしてデータ基盤の構築を推進されました。