ケーススタディ:モデルナ社 (Moderna, Inc.)

COVID -19(新型コロナウイルス)の感染が拡大する中、mRNAワクチンを開発・提供しているモデルナ社では、Looker を活用しさまざまなデータの一元化と分析を行えるようになりました。マルチクラウドの特性を活かした設計により、可視性を改善しながら正確性とセキュリティの向上も実現されています。

Previous
Moderna favorise les découvertes en utilisant la dose de données adéquate
Moderna favorise les découvertes en utilisant la dose de données adéquate

Dans ce secteur très réglementé, Moderna est consciente du rôle essentiel que jouent les données dans les p...

Next
ケーススタディ:株式会社ミクシィ
ケーススタディ:株式会社ミクシィ

株式会社ミクシィ社のゲーム部門では、Lookerを導入することで分散していたツールの一元化と、エンジニアの作業効率を上げて分析業務へ注力できるようになりました。