ケーススタディ:ウォンテッドリー株式会社

December 16, 2020

ビジネスSNS「Wantedly」等を提供されているウォンテッドリー株式会社様では、人を介しての運用ではなく、LookerMLの定義による運用を推進させガバナンスを高めることで、誰もがデータ分析を行えるようになりました。

Previous
BARC: The BI & Analytics Survey 21 (English)
BARC: The BI & Analytics Survey 21 (English)

BARC’s The BI Survey 21 is the world's largest and most comprehensive survey of business intelligence (BI) ...

Next
Looker、データ分析の加速でみずほ銀行の営業力向上を支援
Looker、データ分析の加速でみずほ銀行の営業力向上を支援

データ分析プラットフォーム Lookerの導入により営業担当者の実績管理が可能に、顧客とのコンタクト状況や実績を上げた行動が何かを把握し、生産性向上を目指す