BEACON Japan 2021:マネーフォワードが実践する「SSOT」とデータの民主化に向けた取り組み

June 25, 2021

"複数ドメインでサービスを展開するマネーフォワードにおいて、会計数字と現場のKPIを連動させながら管理することは簡単ではありません。その両方を単一のデータ基盤から安心して集計できるようにするという考え方 “Single Source Of Truth(通称SSOT)”を実現するにあたり、起こり得る課題とその解決に向けた取り組みをお話しします。
ホワイトペーパー事例はこちら:https://info.looker.com/looker-japan/jpn-moneyforward-casestudy 

Previous
BEACON Japan 2021:Slalomと三菱商事が実例を交えてDXを語る - デジタル時代に必要な取り組みと考え方とは
BEACON Japan 2021:Slalomと三菱商事が実例を交えてDXを語る - デジタル時代に必要な取り組みと考え方とは

講演者: Slalom Market Lead 保坂 隆太 氏 三菱商事株式会社 物流開発部 マネージャー 中村 遼太郎 氏 グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 執行役員 Looker 事業本部長 小澤 正治

Next
BEACON Japan 2021:基調講演 (日本語字幕付き)
BEACON Japan 2021:基調講演 (日本語字幕付き)

講演者: Google Cloud Director, Product Management - Looker Pedro Arellano